上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十角館の殺人
最初のターゲットはミステリーちゃん!
「新本格」というミステリー界の流れを作った作品だそうで。ほー。
エラリイをホスト部の環、カーをボウケンジャーの真墨、ルルウをARIAのアル君、ポウをブリーチのチャドで脳内で当てはめて読んでしまった。こんな読み方ですいません。環ハマり役すぎ。
文章でミステリーを読むのは「かまいたちの夜」シリーズ以外でははじめてだったけど、面白かった。館シリーズ他のも読んでみるか。

以下、ネタバレ。
仲間同士が偽名で呼び合ってるミステリーは、それ自体がトリックになってるってことは金田一の「電脳山荘殺人事件」で分かってたはずなのに、すっかり騙されたぁぁ!エラリイの推理にすっかり誘導されてしまった。
トリックは不確定要素多すぎる気もしたけど、それはプロローグで犯人自身が自覚してるからいいのか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://7425.blog27.fc2.com/tb.php/197-c5d7711b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。