上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆SAW ソウ 04/米 監督:ジェームス・ワン
SAW ソウ DTSエディション
第三弾まで作られるような映画だとは到底思えなかった。同タイプの映画だと「CUBE」の足元にも及ばない。ガチャガチャした演出が雰囲気ぶち壊し。バスルームに閉じ込められた閉塞感が感じられない。オチはなんだそりゃ。

劇場予告編

◆家族ゲーム 83/日 監督:森田芳光
家族ゲーム
今見ると、これでも結構いい家庭に見えてしまうという怖さ。これじゃ俺んちも松田優作にちゃぶ台ひっくり返されても文句言えないわ。
次男はいじめられてるという設定だけど、これはどう見ても悪ガキ同士の喧嘩だ。「自分の時代もいじめはあった」と言うおじ様達の時代のいじめと今のそれとは別物なんだろうなと。現代のいじめに近くなるのはこの映画の3,4年後くらいからですかね。
ハッとさせられる映像も多くて、全編BGM無しなのに見ていて飽きなかった。芝生の茂った校庭の緑色が目に焼きつく。家族で並んで食事している場面は、「ウルトラマン」のスカイドンの回を思い出した。
本筋にはほとんど関係のない「糞垂れ流し事件」の話が面白くてしょうがなかった。役者が演技しながらマジで笑ってるっぽかったのがw
ラストの食卓の場面はもう何度も見てしまった。もう見るたびに笑えてしょうがない。シュールすぎ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://7425.blog27.fc2.com/tb.php/195-06d201de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。