上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴジラ FINAL WARS スタンダード・エディション
どことなく、60年代後半の東宝怪獣映画の香りを漂わせつつ、「マトリックス」や「リベリオン」なんかのアクション映画のエッセンスも加えられた変わった味わい。ミレミアムゴジラシリーズは、どうも90年代のVSシリーズからの進歩が見られなかったし、時代遅れな内容になってきたような気もしていたので、この作品みたいな娯楽重視な路線が結局は正解なんじゃないかと思う。
各地で海外ロケをした気合の入り方は良かったし、一番すごかったのはアンギラスの上海襲撃シーンかな。GMKの大涌谷での戦闘以来の見ごたえある特撮が見れた気がする。
役者的には、主人公側より、宝田明、伊武雅刀、北村一輝ら宇宙人側のキャストの怪演が光る。正義側だとドン・フライの艦長役のインパクトがすさまじかったなあ。
それにしても、ヘドラ瞬殺はショックだった…カマキリやクモにあんだけ出番与えるのなら、せめてもう少し時間裂いてほしかったな。無抵抗のヘドラを瞬殺するゴジラなんて大嫌いだ!

劇場予告編
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://7425.blog27.fc2.com/tb.php/186-7edddc72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。