上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産)
『桜が散るのは、来年もまた咲くためですから』『今年よりももっと美しく』
ホントにそうだよなあ。桜=潔いみたいに言われるけど、翌年また花を咲かすんだから。夏になるとTUBEが歌いだすみたいなもん。本当に潔いのは…セミ?
父を殺した男への仇討ちを前に怖気づく侍を、長屋の人々や赤穂浪士なんかを交えて描く。(武士道=イデオロギー)+(仇討ち=報復)=アメリカ批判ってのは考えすぎ?とは言っても全く説教臭さは無く、コメディ映画として普通に楽しめた。香川照之みたいな武士道オタクって本当に当時いそうだなあ。田畑智子はすっかり時代劇映画の常連になってるような。
スポンサーサイト
紅の豚
分からん。元々この手の飛行機には興味ないし、主人公はハードボイルドの押し付けというか、ステレオタイプなダンディさというか。あまり中身の無い映画だなとしか思えなかった。空に飛行機が導かれていく回想シーンはいい。冒頭の幼女の大群には引いた。
スパイダーマンTM デラックス・コレクターズ・エディション
海外特撮はあまり興味なくて、どうせ映像に金かかってるだけの中身の無いアメコミ映画だろと思って全く期待せずに見たが…これは面白い。力を手に入れた主人公が、その代償で身の回りの大切な人を失い、愛する人からの思いも受け入れることもできないってのは、仮面ライダー的な、石の森ヒーローを彷彿とさせる。スパイダーマン自身、どこかで道を誤ればゴブリンのようにもなっていたかもしれない。そんな可能性を感じさせるところもまたライダーっぽい。そういえば、バッタとクモ、普通ならヒーローになり得ない生き物がモチーフなのにも共通点が。
『強大な力の使い方』がテーマ(アメリカの比喩という見方もできるだろうが)にあって、それを説教臭くせずにエンターテイメントの中で見事に消化してるんではないだろうか。糸でNYの街をびゅんびゅん飛び回るアクションも楽しい(劇場で見たかった)し、数あるヒーロー物の中でもこれは傑作と呼んでいいのでは。
にしてもヒロイン各所で評判悪すぎw それなりに美人なのに。まあ10代には見えないけど。
鉄男~TETSUO THE IRON MAN~
一応ちゃんとストーリーはあったらしいが、俺は気付かなかったw
理屈抜きで生理的な部分に直接訴えてくる映画。これみて快楽物質を出す人もいれば、不快楽物質(ってのがあるか知らんが)を出す人もいそう。俺はと言うと…どっちかと言うと後者、かも。
駅で女怪人から主人公が逃げるあたりの展開は緊迫感もあって相当怖かったし真剣に見ていたが、ちんこドリルでなんか冷めてしまった。ちんこドリル自体は面白いけど、なんて言うか、小説にしてもそうだが、セックスがどうとかちんこがどうとか書くことでなんか逆にオサレ感出してますってのが嫌いで。まあそれでも、何度も言うけどちんこドリルは面白いw 
それとは関係なく、中盤あたりから一歩引いて見てたのは、最初の斬新さが薄れてきて飽きた&疲れたから。これだがあと1時間も続くのかとぐったりしてしまった。それくらい見るのにパワーを必要とする映画だった。映画館で見たらもっとすごいだろうなあ。でも後半よかったのは、コマ送りで移動する場面。あれは不思議な感じで面白いなあ。
塚本晋也という人がどういう映像を作り出す人なのかは分かったので、機会があったら別の作品も見てみようと思う。
博士の愛した数式
原作に比べると、博士と外の世界との壁はそれほど厚くなく(それを感じさせるいくつかのエピソードがカットまたは変更されており)、原作よりもまったりした内容になっていたと思う。そのかわり、原作にない現代パートが、まったりでも単調にならないためのスパイスとして利いている。でも、せっかく江夏の話題を出しているのだから、やっぱり原作終盤の野球カードのエピソードを入れてもよかったのではとも思う。朝起きて、記憶が無いことに気付く場面での寺尾聡の演技が秀逸。
意外に良かった。五代役の新人も、声がたまにアニメ版の声優、二又一成に似てると感じる時があって、多少棒読みでも違和感無かった。伊東美咲の響子さんは、今の時点ではハマってると言えないこともないけど、原作ではこれからだんだんとツンデレキャラになっていくので、それをイメージ通りに演じられるかは怪しい。
他のキャストもおおむね違和感は無かったけど、個人的には三鷹は谷原章介で見たかった。次の次の次あたりに出てくるであろう、八神と明日菜の配役が楽しみ。そこまで本当に作ってくれるのかは不安だが。
2007.05.12 モダン東京
◆昭和初期のカラー映像


感動したので貼ってみる。2分過ぎあたりからの町並みの映像がヤバい。ゾクゾクする。帝都かっけー。これ、白組のVFXじゃないんだもんなあ。
こうして見ると、日本は昔からずっと豊かだったんだなと感じる。この映像のわずか60年前はまだちょんまげを結っていた時代なのに、明治以降の怖いくらいに目覚しい発展は凄い。その発展にしても、江戸時代の高い教育水準や国民性が根底にあるのだろうし、さらに言えば戦国時代に薩長が徳川に負けていなければ幕末の動乱も起こらなかったかもしれないし……なにか一つでも欠けていたら現代の日本の姿は無いのかもしれない。御先祖様万々歳!
映像の中の人々の笑顔が本当にいいな。震災前の大正の頃の東京の動画が見てみたいけど、どこかにないものか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。