上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.26
DTM MAGAZINE 増刊 CV (キャラクターボーカル) 01 初音ミク 2008年 01月号 [雑誌]DTM MAGAZINE 増刊 CV (キャラクターボーカル) 01 初音ミク 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/26)
不明

商品詳細を見る

聴き専のくせに買っちゃった。もう、「初音ミク」の四文字を眺めてるだけで満足です。この間落としてすぐ諦めた音楽ソフト「Domino」と「Audacity」の初心者向け講座なんかもあって、ちょっともう一回真面目にチャレンジしてみようかなという気もしてきた。体験版インストールするのは、それをそれなりに扱えるようになってからかな。万が一それっぽいのができたらここで公開してみる。絶対に挫折するけどw にしても、なんたら拍子だとかの音楽用語が全然分からん。音楽の授業は歌やリコーダーだけじゃなくて、DTMや音楽理論の授業もあるべきだと思う。

以下、思いつきで語ってみる。テーマは、初音ミクは二次元ではない論。
アニメや漫画のキャラはこの現実には存在しないけど、そのキャラが生きている世界はフィクションの中に確かに存在しているし、感情も持っている。でも、その世界はどうやってもこの現実とはリンクし合わない平行線上の世界なわけだ。対してVOCALOIDはどうか。ミク以前のMEIKOの時代なんかもニコニコでは一部でボカロ人気はあった(アンインストールや三十路岬のカバーなんかが有名)。でも、MEIKOはユーザーからMEIKOと呼ばれることはなく、「歌うロボット」だの「ヤマハのVOCALOID」のような言われ方をしていたらしく、あくまでMEIKOのパッケージの絵の存在はイメージイラストにすぎなかった。それはミクにしたって本質的には同じで、「フィクションの世界=ミクにとっての現実=現実世界から見た非現実」が存在しない以上、「あー」や「いー」等の単音のデータこそが唯一のミクの存在であり、イラストはあくまでイメージでしかない。ミクと向かい合っているのはフィクションの世界のキャラクターではなく、現実に存在しているソフトの持ち主なのである。つまりアニメキャラとは違い、初音ミクとはあくまで現実とリンクしている存在、というか現実そのものなのだ。あれ、これ21世紀っぽくね?未来はじまってね?というお話。たぶん言いたいことが伝わってない。とにかく、ミクは実体のないプログラムであるというところがどこか切ない感じがして、惹かれる一要素になってます、俺の中で。でもなぜかMEIKOやKAITO、リン・レンには儚さを感じないんだよなあ。

明日からしばらくはリン・レン祭りだろうか。
スポンサーサイト
2007.11.29 左の
フリーエリアにフルみっくプレイヤー設置。主に自分用。
Re:Moto様からお借りしました。
ニコニコに入って無くても聴けるので、作業用BGMにでも使ってみてくださいな。
タイトルは2ちゃんで見た、なんだか心に染みた言葉。
だよなあ、それ相応の覚悟と努力が必要だ。

ところで、口が開かなくなったので病院へ。
リンパ腺が腫れてるとのこと。
最初看護婦に容態を説明したところ、おたふくと誤診されてほかの患者たちから隔離されて待たされることに。
いや、おたふくとかありえないから。看護婦の分際で出すぎた真似を…
診察後、点滴してもらったら顔が黄色くなった。

◆NHK大河ドラマ主題曲集
NHK大河ドラマ主題曲集
第一作「花の生涯」96年の「秀吉」までの主題歌集。もう10年以上たってるんだし最新版出して欲しい。
一流の音楽家ばかりが担当してるだけあって、どれもいい曲だなあ。特に神曲だと思うのは、「花神」「独眼竜政宗」「花の乱」、CD収録作品以後のだと、「新選組!」「功名が辻」がいい。「葵徳川三代」は映像とのシンクロ具合が美しいなあ。「独眼竜政宗」のスタジオ撮影っぽい独特の演出も好き。「飛ぶが如く」の飛びっぷりには引くw
LOVE (通常盤)
音質いいわあ。オリジナルアルバムのデジタルリマスターへの期待も高まるってもんですよ。いや、やるのか分からないけど。賛否両論みたいだけど、いいんじゃないんですかね。こういう贅沢なお遊びってどこかビートルズらしいっちゃらしいし。
ゴチャゴチャといろんな曲を繋げたものより、一つの曲をバージョンアップさせたもののほうが好み。RevolutionやSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandなんて、こんなにかっこいい曲だったっけ。Octopus's Gardenのアレンジも凄くいい。
リミックスより原曲のほうがいいのはしょうがないけれど、これはこれで新解釈としてアリなんじゃないだろうか。でもビートルズの魅力が最大限に発揮されたアルバムかというと微妙。オリジナルを聞き込んでこそ楽しめるアルバムだと思う。
蚊うぜええええ

◆「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」
シングルで5分超える曲なんてはじめてじゃないか?
テレビの速報で聴いた印象とだいぶ違った。もっとにぎやかなお祭りソングかと思っていたら、結構落ち着いてる感じ。キラーストリートだと「別離」や「RRSM」と近いものがあるような。Bメロは神だと思う。
同日発売らしい山Pには負けるかもしれないけど、まあ2位くらいは行くんじゃないでしょうかね。そろそろバラードも聴きたいところ。「TSUNAMI」以来出てないなんて・・・

◆なんとなく興味が出たので最近神道について調べ中。昔家族で行った伊勢神宮や出雲大社、もっと真面目に参拝していればよかった・・・その頃は、寺社巡りは父親やおばあちゃん用のお楽しみタイムで、子供からしてみれば退屈な時間以外の何者でもなかったからなあ。伊勢はありえないくらい暑かったし、出雲は参拝中吐き気に悩まされた記憶しかない。もしかして神罰だったんだろうか。
19歳。もうだめだ。

◆サザン52thニューシングル
 「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」8/9(wed)リリース
公式
ようつべ

お台場冒険王のタイアップのわりに、曲自体は冒険一切なしの王道。
うーん、ファンでさえマンネリ気味と感じてるんだから、アルバムやカップリング聴いてない一般人はホントにどの曲も同じじゃん現象に陥るよなあ。いや、ファンとしては「全然違うよ!」って言えるんだけど、「涙の海で抱かれたい」「君こそスターだ」あたりと同じイメージなのは否めないところ。世間一般のサザンのイメージと異なるシングルばかり出してた90年代後半と真逆なかんじ。
まあとりあえずは、土曜のラジオでフルで聴いてみないとなんとも言えないところ。
なんでライディーンがセレクトされたんだろう。

◆原子心母/ピンク・フロイド
原子心母
プログレにチャレンジしたかったので。これまでプログレといえば、「絶対運命黙示録」くらいしかまともに聞いたことがなかったw あとは「田園に死す」の劇中の曲くらいかな。ってどっちもジュリアス・シーザーですね。
表題曲、まさか桑田佳祐のラジオ番組の冒頭で流れる曲だったとは驚き!てっきり誰かのプロレスラーの入場曲かなにかだと思い込んでたので。
ピンク・フロイドは以前ベスト版を借りてみてピンとこなかったけど、これは結構良かったかな。まだパソしながら流し聞き状態なので、ちゃんと聞いたらまた取り上げるかも。

◆The Mix/クラフトワーク
The Mix
テクノ(ハウス?)にチャレンジしたかったので。テクノに興味を持ったのが「うる星やつら」や「風の谷のナウシカ」なんかの80年代のアニメって人は多いんだろうなあ、俺とか。
こっちもパソしながら流し聞き。今後ちゃんと取り上げるかも。聞いてて楽しいです。「dentaku」のたどたどしい日本語に萌えw
この人たちのライブはあれでいいのか。
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を久しぶりに聴いてみた。
中学生の頃は、「A Day In The Life」のストリングスが凄い怖かったし、曲の良さも全く理解できなかったけど、こんないい曲だったんだなぁ。2回目のジョンのパートへの入り方がかっこいい!ジョンとポールの別々の作品をひとつにくっつけた曲は他にもいくつかあるけど、その中でもこれは傑作ですね。歌詞の意味とか忘れたんだけど、わからなくてもなんとなく物語性みたいなのを感じてしまう曲。たまらん。
このアルバムを聴いていると、おかしな夢を見ているような気分になる。たしかに飛びぬけて名曲ってのは少ないかもしれないけど、全体通して聴くのならビートルズの中でこれが一番いいかな。名盤っていう言葉がふさわしいアルバムじゃないかと。
好きな曲はいっぱいあるけど、今の気分だと「Fixing A Hole」がいいなぁ。妖しくて素敵。
実は別のサイトで、去年の今頃、「2004年お気に入り曲ベスト20」ってのをやりまして。どうせなら、今年もやってしまおうと思い、クリスマスイブにせっせと今年発売した曲を聴きまくってなんとか選定しましたよ、今年のベスト20を!

長いし、所詮俺の自己満足の世界なので(いつもそうだが)、興味なければ読み飛ばしちゃって下さい。

アルバム曲からも選出すると、サザンの「キラーストリート」からの楽曲だらけになるので、シングルのみってことで。マニアックな曲で、どこへ行ってもレンタルしていなくてテレビでしか聴いてないって曲も除外します。

ちなみに、去年の1位は奥田民生の「スカイウォーカー」でした。あれはよかったなぁ。
久しぶりに近所のブックオフで色々あさってみる。
しかし、田舎のブクオフは都会に比べて相場が高いんだなぁ、やっぱ。

本日の戦利品。

・「BELOVED」/GLAY
・「UNITY,ROOTS & FAMILY,AWAY」/GLAY
・「29」/奥田民生
・「ペイント・ザ・スカイ」/Enya

全て250円で、計1000円。
割と満足な買い物かな。

UNITY_ROOTS__FAMILY,_AWAY.jpg

特に、「UNITY,ROOTS~」がこの値段で売られてるのを見たのははじめてなので、この機会に買えてよかった。
たぶんGLAYの中で最もおとなしいアルバムで、ミディアム~バラードあたりの曲調の曲のみの極端な構成。
ゆえに、どうも世間的には評価は低いみたい。
でも、地味ながら「Father & Son」、「卒業まで、あと少し」あたりは秀逸の出来かと。
TAKUROは友達とか家族だとかについて書かせると、すごくいいの作るなぁと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。